初めて猫と暮らしてみたら。

初めての猫を飼うために必要なこと、飼ってみて気づいたことを綴ります。

初めての猫のケージを選ぶ。ナチュラルワン

猫を迎える上で欠かせないのがケージ。

そして、家の中でそれなりの存在感を放つことになるので

慎重に選ぶべきアイテムです。

 

共働きの我が家の猫は一日の多くをケージで過ごすことになります。

狭くてストレスを抱えてもいけないので、広さや高さも重要ですが、

ずっとリビング近くに置くものなので見た目も重視したい。

猫がいてもおしゃれに暮らしたいですよね。

と言うことでとても迷いました。

 

最終的に選んだのはこちら。

 

ナチュラルワン  ケージ

ナチュラルワン 3段ケージ 幅87cm×奥行61cm×高さ133cm 

 

決めては2点。

  • 3階まであること
  • 見た目が可愛いこと

3階まであるケージは他にもありますが、

いかにもペットのケージという、あのイメージのものがほとんどです。

超おしゃれなextailのケージも候補に挙がりましたが、

届くのに3週間ほど掛かるということで猫が来るまでに間に合わないのと

金額的にも20万円程とお高いので、断念しました。

 

使ってみた感想

組み立て

一応一人でできましたが、おすすめしません。

二人以上でやりましょう。

素材が木なのでとても重いです。

また、ネジ留めの位置には印が付いていますが、

木にねじ込んでいく部分もあるので、少し力もいります。

別売りで購入したキャスターについても同様で、

ケージの木の部分に穴を開けながらネジで固定します。

メリメリいって大丈夫かな、と不安になりましたが無事完成しました。

 

見た目

正直、最初の感想は「デカい!」でした。

今まで何もなかったところのこれだけのものが来ると

すごい存在感があります。

「もっと小さいのにすれば良かったかなー」と思いましたが、

2、3日もすれば慣れます。

また、生後2ヶ月の猫でも3階まで楽々上がって

3階でくつろいでいるのを見ると、これ以上狭いとかわいそうだな

という思いになったので、結果的にはこのサイズで正解でした。

 

機能性

Good、Badで説明します。

Good

  • どの階にもドアがあるので出し入れしやすい
  • キャスターをつけると移動できて掃除がしやすい
  • しっかりした作りなのでジャンプした時などの音が響かない
  • 広さが十分にある

Bad

  •  扉の周りに隙間がないので慎重に閉めないと猫を挟んでしまう

 

使っていて特に不便だと思うことはないです。

ただ、Badに書いた通り、猫をしまう時は慎重に行う必要があります。

一度しっぽを挟んでしまい、「ギャー」とものすごい声で鳴かれました。

それ以来、しっかり奥に押し込んでから扉を閉めるように気を付けています。

 

長くなってしまいそうなので、ケージの中の配置については

別の記事に記載します。

 

【2018.08.08 更新】 

ケージの中の配置について記事にしました。

hatsuneko.hatenablog.com